お酒の席でもマナーがある

普段あまり接点のない上司や、取引先などとの、気の張るお酒の席でどうしたよいか新人ビジネスマンには分からないことも多々ありますね。どうしたらよいか酒席のマナーをまとめてみました。
社会人としてのビジネスマナーがあるように、酒席にも「酒席のマナー」があります。まずマナーの基本は、空気を読めることが一番ですね。なにも堅苦しく考えず、自然な振る舞いで相手に不快な感じを与えないことが重要です。そして自分も美味しいお酒を飲めるのが第一です。

席位置

入り口に一番近い場所が下座、一番遠い場所が上座です。床の間があればそこが上座ですから、それを背にして座るのがその場で一番目上の人です。間違っても上座には座らないように。また、目上の人が遅れてきたら、座布団を外して挨拶しましょう。

お酌

酒席での最初の一杯は、目下から目上へお酌をするのがマナーです。そのあとも、相手のペースに対する気配りが必要です。お酌する時は、「どうぞ」とか「いかがですか」と声を掛けながら、黙って注ぐのはよくありません。その一声かけるところから会話がはじまることもあります。目上の人にはなかなかはなしかけられませんから、このようなときを利用しましょう。

お酌を受けるとき

目上の人からお酌をされるときは、グラスや杯の中身を飲み干してからいただきます。飲めない場合は、形だけひと口つけて、略式でお酌を受けるとよいでしょう。
飲めるからといってずっと相手に注がせていては失礼です。また自分だけ酔ってしまうのはもってのほかです。回りの様子を見ながらあわせるようにしてください。

コミュニケーション

仕事では一緒にならない人に会ったり、普段とは違う会話ができる酒席は、人間関係を広げるチャンスです。率先してお酌をして回り、他の部署の先輩などとも積極的に会話をするよう心掛けましょう。
また、話題は楽しいものにしましょう。悪口、愚痴、陰口はもちろん、下品な話題や聞き手が不愉快になるような話題は絶対に口にしないようにしましょう。目上の人がそのような話をしてきた場合には、聞き役になってしましょう。

スポンサードリンク